鼻づまりを起こす病気(副鼻腔炎)

監修:岡本 美孝

下記の各ボタンをクリックすると画面が切り替わり、詳細ページが表示されます。

  • 鼻中隔彎曲症
  • アレルギー性鼻炎
  • 副鼻腔炎

「副鼻腔炎(ふくびくうえん)」とはウイルスや細菌などの感染、アレルギー、その他の原因により副鼻腔の粘膜が炎症を起こし、腫れることで鼻腔と副鼻腔をつなぐ孔(あな)(自然孔)がふさがり、換気ができなくなったり、副鼻腔粘膜からの分泌液などを排泄できなくなったりする病気です。鼻がつまる、黄色い鼻水がでる、のどの奥に鼻水が流れこむ(後鼻漏(こうびろう))、咳がでるといった症状の他に頭や頬の痛み、においがわからないといった症状を伴います。また、鼻茸(はなたけ)(ポリープ)を伴うこともあります。

副鼻腔炎は発症してから症状がなくなるまでの期間で「急性副鼻腔炎」と「慢性副鼻腔炎」とに分けられます。

急性副鼻腔炎

急性副鼻腔炎は発症してから1ヶ月以内に症状が消失する副鼻腔炎で、細菌などの感染が主な原因と考えられています。かぜによる鼻炎が引き金となって起こることが多く、症状としては発熱、頬の痛みや腫れ、黄色い鼻水、頭痛などがみられます。

慢性副鼻腔炎

慢性副鼻腔炎は3ヶ月以上症状が続く副鼻腔炎のことで、鼻づまり、黄色くネバネバした鼻水、後鼻漏、咳、頭が重い、においがわからない、鼻腔粘膜に鼻茸ができるなどの症状がみられ、「蓄膿症」とも呼ばれています。また、副鼻腔炎の発症には生活環境なども関係しているといわれ、最近ではアレルギー性鼻炎などからの移行も多くみられます。加えて、副鼻腔の炎症が原因で中耳炎を起こしたりのどの病気を合併することもあります。

副鼻腔炎の鼻づまり対策

副鼻腔炎の治療は副鼻腔内にたまった分泌液の排出と感染の治療をおこないます。

耳鼻咽喉科の処置(局所療法)

鼻腔や副鼻腔にたまった鼻水の吸引、食塩水などによる鼻洗浄をおこないます。鼻の通りがよくなったらネブライザーという噴霧器で抗生物質などのお薬を鼻の穴から副鼻腔に送り込む治療をします。

お薬による治療(薬物療法)

急性・慢性いずれの場合も飲み薬の抗生物質が必要に応じて用いられます。慢性の場合は消炎酵素剤などの長期間の服用が必要です。また鼻噴霧用ステロイド薬は粘膜の炎症を抑える効果があることから、副鼻腔炎の治療に有効であるという報告があります。アレルギー性鼻炎を伴う場合は、鼻づまりなどに効果のあるアレルギー性鼻炎治療薬が用いられます。

手術療法

上記の治療で十分な効果が認められない場合や鼻茸を認める場合などでは、内視鏡による手術をおこないます。手術では鼻茸や炎症を起こして腫れた粘膜を切除します。手術後は、抗生物質や鼻噴霧用ステロイド薬などのお薬による治療を続けることで再発を防ぎます。

たかが「鼻づまり」といって放置せず、早めに耳鼻咽喉科などを受診して適切な治療を受けましょう。
鼻づまりが原因となる病気

おすすめサイト

肺高血圧症治療サポート
肺高血圧症治療サポート  私たちは肺高血圧症の患者様の治療と明るい未来をサポートします。
ED(勃起不全)とシアリスの情報サイト EDケアサポート
ED(勃起不全)とシアリスの情報サイト EDケアサポート  ED・勃起不全ケアやシアリスの適正使用、病院情報などの情報を提供。「焦りやプレッシャーなく、自然体で過ごせるED治療を。」
おしえて生理痛
おしえて生理痛  つらい生理痛(月経痛)から解放されたいあなたを応援します。