アレルギー性皮膚炎を理解するアレルギー性皮膚炎のメカ二ズム

監修:大久保 公裕 日本医科大学大学院医学研究科頭頸部・感覚器科学分野 教授

なぜアレルギー性鼻炎になるのでしょう?

わたしたちの体は、生まれつき自分の体内にあったもの(自己)と、そうでないもの(非自己:体外から侵入してきたもの)を識別する能力が備わっています。非自己が侵入してくると、これを識別し体外へ排除しようとします。この一連を免疫反応といい、病気を未然に防いでいます。

アレルギー性鼻炎では、鼻に入ってきた特定の非自己に対して免疫反応が過剰に働き、不都合な症状があらわれます。

花粉などのアレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)が鼻の粘膜に付着し、抗原と呼ばれるタンパク成分が粘膜内に侵入します。

粘膜内ではマクロファージがリンパ球と一緒に働き合って、抗原が異物であることを記憶します。さらに、リンパ球は抗原にぴったり合う抗体を作ります。

抗体は、鼻の付近にあるマスト細胞とよばれる細胞の表面に付着します。このような細胞は、同じ抗原との接触を繰り返すうちに増えていきます。表面に抗体が付着したマスト細胞が全身的に蓄積され、それがあるレベルに達するとアレルギー性鼻炎の状況が整います。これを「感作が成立した状態」といいます。

感作が成立した体に同じ抗原が侵入すると、抗原はマスト細胞に付着した抗体に結合します。抗原が結合したマスト細胞はヒスタミンやトロンボキサン、ロイコトリエンなどの物質を放出します。これらの物質が神経や血管などを刺激して、さまざまなアレルギー性鼻炎の症状を引き起こします。

抗原との反応が繰り返されると、鼻では好酸球を中心とする炎症細胞が多くなります。この炎症細胞から出された物質が上皮細胞を傷つけることで粘膜が過敏になり、症状のひどい状態が長く続きます。

関連コンテンツ