治療について知る鼻中隔彎曲症

鼻腔を左右にわける鼻中隔は児童では70%、成人では90%と、ほとんどの人がある程度曲がっているといわれています。鼻中隔が強く曲がっているために、いつも鼻がつまって、口呼吸、いびき、においがわからないなどの症状がある場合を鼻中隔彎曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)といいます。

鼻中隔彎曲症の原因

鼻中隔は軟骨の板と骨の板とでできています。骨の板より軟骨の板のほうが発育が盛んなので、その違いのために彎曲がおこります。また、打撲等の外傷によっても生じます。

鼻中隔彎曲症の症状

主な症状は鼻づまりです。においがわからない、頭痛、肩こり、注意力の減退などの症状が続きます。鼻血が出ることもよくあります。鼻づまりのため換気が悪くなり、鼻炎や副鼻腔炎をおこしやすくなります。また、アレルギー性鼻炎があるとますます鼻腔が狭くなり、ひどい鼻づまりをおこし、副鼻腔炎を合併する率が高くなります。

鼻中隔彎曲症の鼻づまり対策

◆鼻中隔矯正(きょうせい)手術

鼻づまりがひどい場合は鼻の発達が完成する17~18歳以降に鼻中隔矯正手術をおこないます。鼻中隔矯正手術は曲がっている鼻中隔の軟骨・骨を取り除き、まっすぐに矯正します。手術は全身麻酔にて行い、通常約1週間の入院が必要です。軽度であれば、局所麻酔での日帰り手術が可能な場合もあります。
アレルギー性鼻炎を合併している場合はアレルギー性鼻炎に対する治療を行います。

たかが「鼻づまり」といって放置せず、早めに耳鼻咽喉科などを受診して適切な治療を受けましょう。