治療について知るアレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎

鼻から吸い込まれた異物(抗原(こうげん))に対して鼻粘膜が過剰に反応するアレルギー疾患で、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状が現れます。最近報告された全国疫学調査によると日本人の約4割がアレルギー性鼻炎であると推察されています。アレルギー性鼻炎のうち、症状が決まった時期だけにあらわれるものを「季節性アレルギー性鼻炎」、一年中あらわれるものを「通年性アレルギー性鼻炎」と呼びます。
鼻づまりは、主にアレルギー反応において産生・放出されるトロンボキサンA2、プロスタグランジンD2、ロイコトリエンなどの化学伝達物質が鼻粘膜の血管拡張や血管からの血漿(けっしょう)成分の流出を引き起こして鼻粘膜が腫れることによって起こります。

アレルギー性鼻炎の鼻づまり対策

自分でできる対策

◆抗原の除去と回避

まずとるべき対策は鼻から吸い込む「原因となる抗原」の量をできるだけ減らすことです。原因がハウスダスト(ダニ)の場合は、室内の掃除、空気清浄機を使う等で、できるだけダニを除去します。原因がスギ花粉の場合は、飛散の多い日は外出を控える、窓・戸を閉めておく、外出時にマスク・メガネを使う等でスギ花粉を回避します。

◆お薬を使わない方法

軽い鼻づまりであれば蒸気を鼻から吸う、入浴、蒸しタオルを鼻にあてるなどで鼻粘膜の腫れが軽くなり、鼻づまりが改善します。但し効果はあまり持続しません。

病院での治療

◆お薬による治療(薬物療法)

鼻づまりを引き起こす化学伝達物質の働きを抑える抗プロスタグランジンD2・トロンボキサンA2薬抗ロイコトリエン薬鼻噴霧用ステロイド薬などが使われます。

◆手術療法

ひどい鼻づまりで、薬では改善が見られない場合は手術をすることがあります。鼻粘膜を切除して小さくする方法が基本です。最近ではレーザーで鼻粘膜の表面のみを焼く、出血の少ない、外来でできる方法が普及してきました。但し再発することがあります。

たかが「鼻づまり」といって放置せず、早めに耳鼻咽喉科などを受診して適切な治療を受けましょう。

関連コンテンツ