治療について知るいびき

「いびき」とは睡眠中に発生する粘膜の振動音です。鼻の入り口からのど(咽頭(いんとう))までの空気の通り道(上気道)が狭くなり、そこに空気が通ると粘膜が振動して「いびき」が発生します。
アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などにより鼻粘膜が腫れて鼻の中が狭くなると「いびき」が出やすくなります。またこのような鼻づまりのある人は、口で呼吸する習慣ができており、睡眠中も口をあけて呼吸するので舌がのどに落ち込み、さらに気道が狭くなります。そのため「いびき」の発生につながります。

たかが「鼻づまり」といって放置せず、早めに耳鼻咽喉科などを受診して適切な治療を受けましょう。