治療について知る睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

「睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん)」は「いびき」と同じく、鼻づまりを含めて、上気道が狭いことなどが原因で起こります。
大きな「いびき」と10秒以上続く呼吸停止(無呼吸)が一晩の睡眠時間中(7時間)に30回以上あるいは睡眠1時間あたり5回以上ある場合に「睡眠時無呼吸症候群」と診断されます。無呼吸によって、体内の酸素が不足し、また知らないうちに何度も目が覚めるので、起床時の頭痛、日中の強い眠気などの症状が起こります。
この日中の強い眠気は仕事や家事など日常生活に大きな支障を来たし、時に交通事故など社会的事故の原因になることもあります。
また、体内の酸素不足が慢性化すると高血圧や心筋梗塞、脳血管障害など重篤な合併症を引き起こすことがあり、時に突然死に至る場合もあります。

睡眠時無呼吸症候群の治療法

睡眠時無呼吸症候群の治療法は大きく保存療法と手術療法の2つに分けられます。また、肥満や飲酒、喫煙などは睡眠時無呼吸症候群の発症・悪化要因となりますので、これら生活習慣を改善することは治療をおこなう上でとても重要です。

◆保存療法

寝る時に専用の鼻マスクを装着して圧力の高い空気を送り込むNCPAP(経鼻持続陽圧呼吸)療法、口の中にマウスピース(口腔内装置)を装着する方法などがあり、気道が狭くなるのを防止します。
NCPAP療法は欧米では第一選択であり、治療効果は高いですが、対症療法であるため継続しなければなりません。そのため、継続治療の支障となる風邪やアレルギー性鼻炎などはあわせて治療を行う必要があります。

◆手術療法

扁桃(へんとう)の肥大、下あごが小さい、鼻中隔彎曲症などにより気道が狭くなっている、あるいはふさがっている場合は手術により気道を拡大します。
睡眠時無呼吸症候群の治療は耳鼻咽喉科と呼吸器科のある総合病院を受診するか近所の耳鼻咽喉科医から専門施設を紹介してもらうのがよいでしょう。

たかが「鼻づまり」といって放置せず、早めに耳鼻咽喉科などを受診して適切な治療を受けましょう。