原因と対策について知る花粉症原因植物の対策(関東)

花粉症原因植物の花粉飛散時期カレンダーと 花粉症専門医による解説が地域別にご覧いただけます。

関東における花粉症原因植物
原因植物の花粉飛散時期カレンダー

  • 木本植物
  • 草本植物

各植物名をクリックすると、解説と写真がご覧頂けます。※一部解説と写真のない植物もあります。

植物名 / 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ハンノキ                  
スギ              
ヒノキ                  
クヌギ                  
ケヤキ                    
カシ                    
イネ科
(スズメノテッポウ・カモガヤ)
         
タデ                    
ブタクサ                  
ヨモギ                    
カナムグラ                
イラクサ                  

※このカレンダーは関東地方における一般的な飛散情報をご紹介しています。
飛散時期や飛散量は植物の自生状況やその年の気温などにより異なります。また、植物により患者の発症例は異なります。

◆花粉飛散の特色

関東の花粉飛散はスギ・ヒノキ花粉の飛散時期と同時期にカバノキ科のハンノキが飛散します。それらの花粉の飛散の終了時期から、木本植物では、クヌギ、ケヤキ、カシなどが、4月~6月に花粉を飛散させます。草本植物では、イネ科の花粉が4月頃~10月中旬に飛散し、8月中旬よりキク科のブタクサ属、ヨモギ属がまたクワ科のカナムグラが11月まで飛散します。イネ科の花粉(カモガヤ、スズメノテッポウなど)は5月~6月に特に多く飛散し、キク科のブタクサ属・ヨモギ属は9月~10月に多く飛散します。

◆原因植物の対策

◆ハンノキ
スギ・ヒノキ花粉と同時期に飛散するために、一般的な対策はスギ花粉症と同様に行えばよいと思います。口腔アレルギー症候群に注意が必要です。
◆イネ科
スギ・ヒノキ花粉飛散の終了時期から引き続きイネ科の花粉が飛散します。特に密集している場所は、河原などが多くこの時期のアウトドアには注意が必要です。
◆キク科
ブタクサ属、ヨモギ属の花粉は道端や、河原など雑草が生育している場所によく見られる秋の代表的な花粉症の原因花粉です。

◆花粉症のここ10年の変化

全体的にシラカンバ花粉症の患者数が花粉特異的IgE陽性率とともに増加傾向です。函館ではさらにスギ花粉症も増加傾向にあります。