原因と対策について知る花粉症原因植物の対策(中国・四国)

花粉症原因植物の花粉飛散時期カレンダーと 花粉症専門医による解説が地域別にご覧いただけます。

中国・四国における花粉症原因植物
原因植物の花粉飛散時期カレンダー

  • 木本植物
  • 草本植物

各植物名をクリックすると、解説と写真がご覧頂けます。※一部解説と写真のない植物もあります。

植物名 / 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ハンノキ                
スギ          
ウメ                    
ヒノキ                  
コナラ                    
クリ                  
ネズ                    
オリーブ                    
ギシギシ                    
カモガヤ                    
ブタクサ                
ヒメガマ・コガマ                    
ススキ                  
ヨモギ                  
カナムグラ                    
セイタカアキノ
キリンソウ
                   

※ このカレンダーは中国・四国地方における一般的な飛散情報をご紹介しています。
飛散時期や飛散量は植物の自生状況やその年の気温などにより異なります。また、植物により患者の発症例は異なります。

◆特色のある原因植物

ネズ ネズ(Juniperus rigida Sieb.et Zucc.)は岩手県以南に自生するビャクシン属の小低木(通常高さ2~3m)で、特に瀬戸内地方の花崗岩地帯に多く分布している。葉は針型で先が尖って硬く、枝葉をネズミの通路を塞ぐのに用いたことから別名「ネズミサシ」と呼ばれる。ネズの花粉飛散期は、4月下旬から5月中旬で、瀬戸内地方の春期花粉としてはスギ・ヒノキに次ぐ第三の飛散ピークを示す。花粉は球形で単口、大きさは30μm前後であり、形態からヒノキ科花粉との鑑別は困難である。当地域の春期花粉症患者の約25%がネズに感作されているとの報告がある。
オリーブ オリーブ花粉症は地中海沿岸の代表的な花粉症である。我が国におけるオリーブの栽培は約100年前に小豆島より始められた。5月下旬から6月上旬に開花する。花粉は球形、3溝孔型であり、大きさは20μm前後である。基本的には風媒花であるが虫媒も行われる。小豆島では春~初夏に鼻アレルギー症状を示す患者の約25%がオリーブに感作されている。カモガヤと重複感作を示す例が多いことが特徴であるが、なかにはオリーブに単独感作を示すものもいる。