原因と対策について知る花粉症原因植物の対策(九州)

花粉症原因植物の花粉飛散時期カレンダーと 花粉症専門医による解説が地域別にご覧いただけます。

九州における花粉症原因植物
原因植物の花粉飛散時期カレンダー

  • 木本植物
  • 草本植物

各植物名をクリックすると、解説と写真がご覧頂けます。※一部解説と写真のない植物もあります。

植物名 / 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ハンノキ                
スギ            
ウメ                    
ヒノキ                    
コナラ                    
クリ                    
ギシギシ                    
カモガヤ                    
ヒメガマ・コガマ                  
ススキ                  
ヨモギ                  
カラムシ(イラクサ科)                  
カナムグラ                    
ブタクサ                    
セイタカアキノ
キリンソウ
                   

※ このカレンダーは九州地方における一般的な飛散情報をご紹介しています。
飛散時期や飛散量は植物の自生状況やその年の気温などにより異なります。また、植物により患者の発症例は異なります。

他地域で飛散している花粉と大きく異なるものはないので、花粉の飛散時期について述べる。1月に入るとすぐにスギ花粉の初観測がみられる。本格的に飛散を始めるのは2月初旬~中旬である。3月の初旬にはスギ花粉飛散のピークを迎える。続いて、3月中頃よりヒノキ花粉の飛散が始まる。最近はヒノキ花粉の飛散が多い傾向にあり、年によってはスギ花粉より多いこともある。4月に入るとヒノキ花粉の飛散は急激に少なくなり、ブナ科、イチョウ科、カバノキ科などの花粉が揃って飛び出す。そして5月はマツ科、イネ科の花粉飛散となり夏には花粉の飛散はほとんどみられない。9月~10月になると、イネ科、キク科、イラクサ科などの花粉飛散が短期間みられる。

◆特色のある原因植物

カラムシ
(イラクサ科)
本州、四国、九州の山地に多く植生している雌雄同株の多年草の植物。なかでも長崎では自生が多く、カラムシが原因となる花粉症が最初に報告された。花粉の大きさは13~14μm。
イタリアン
ライグラス
(和名ネズミムギ)
(イネ科)
明治時代に牧草用として導入されたが、現在では野生化し、帰化植物として全国に分布する。牧草としての栽培は九州地方で特に多い。花期は5~6月で、花粉の大きさは31~35μm。牧畜業の職業性アレルギーの原因にもなっている。